カスタムデザインオイル

高御産巣日・神産巣日

高御産巣日・神産巣日高御産巣日・神産巣日(たかみむすひ・かみむすひ)

・無から有を生み出し、拡大発展させる。
・これまで学んできた全てを一度手放し、全く新しい自分に生まれ変わる、覚醒・再統合。
・自我やエゴに振り回されず、自分でコントロールできるようにする。

■オイル:ベルガモット グリーンティー
■ストーン:黒曜石 水晶
■その他:キラキラ光るラメ

陰陽が交じり合うと、大きなものを生み出すことができる。
混沌としたエネルギーから「有」を生み出して、拡大発展させていく力をもつのがこの二柱の神。
「無」から「有」を生み出すエネルギー、物事を生成し、発展拡大させていくエネルギー。

自我やエゴに支配されるのではなく、主導権をあなたの意識、本来のハイヤーセルフに取り戻します。
その覚醒のためには、一旦、今まで学んできた知識・エネルギー・全てを手放し、分解してもう一度、再構成する必要があります。その時に、この二柱は大変役立ってくれます。

新しい自分にふさわしい道をサポートしてくれます。
創造主・クリエーターとして、新しい流れを作っていく人になります。
今までみたいに、やってくるものに翻弄される生き方ではなく、主導権を握って自分が行きたい方へと舵取りしていく、やりたい事を起こしていく、なりたい自分になることができます。

- Produced by 牧野友美さん -

販売ページ Aeolia *エオリア*

*高御産巣日・神産巣日について

天地が分れ、最初に出現した神が「天之御中主:あまのみなかぬし」」
次に「高御産巣日:たかみむすひ」、その次に「神産巣日:かみむすひ」が出現し、造化三神と言われています。

高御産巣日:たかみむすひ(陽)
-天の生産・生成の「創造」の神。男女の「むすび」の男を象徴する神
神産巣日:かみむすひ(陰)
-地の生産・生成の「創造」の神。男女の「むすび」の女を象徴する神

陰陽に分かれる前の、全てを含む混沌としたカオスの状態が「太極(天之御中主)」であり、神話では、天之御中主・高御産巣日・神産巣日は、宇宙創造・天地開闢(てんちかいびゃく)の神とされています。

太極オイルをリニューアルした「天之御中主」と連動して働きます。

*-*-*

*サイン(太極)について
古代中国の宇宙観、万物を構成する陰陽二つの気に分かれる前の、根元の気
まだ何ものでもない、しかし何ものにでもなれる、宇宙や物事の究極の始まりであり「混沌・カオス」

販売ページ Aeolia *エオリア*

 

error: Content is protected !!