カスタムデザインオイル

天鈿女:あめのうずめ

天鈿女:あまのうずめ天鈿女(あめのうずめ)

・女性性と性の開放、女性として生きる真の喜び、官能の喜び
・封印された女性の持つ創造の力に目覚める、紀元前古代の女神エネルギーの復活
・月のリズムを取り戻す
・男性的な社会(物質・三次元)から脱し、新しい時代を女性の能力を発揮して生きる、活躍する
・言霊の力

■オイル:ユリ 睡蓮
■ハーブ:睡蓮の花びら
■ストーン:ムーンストーン
■その他:ゴールド・ラメ

過去、スピリチュアルリーダーは女性であり、過去・未来と繋がることができました。
豊穣のエネルギーが、女性の体内に含まれています。
女性は母なる地球と同じように形成され、与えるエネルギーを沢山持っています。
地球のそのエネルギーは「龍のエネルギー」として、地球上に流れています。
私たち女性は、古代の女神の力を復活させ、そのエネルギーに繋がることで、直感と創造力を手に入れます。

- Produced by 牧野友美さん -

販売ページ Aeolia *エオリア*

*天鈿女(あめのうずめ)について

本神話では、天鈿女(あめのうずめ)は、天岩戸に隠れた天照を外に誘い出すために、官能的な踊りを披露したことから、日本の芸能のルーツとされる女神です。
天岩戸の前に集まった大勢の神々の前で、胸をはだけ、腰の紐をほどいて踊りました。すると、多くの神々は大きな笑いと歓声を上げ、岩戸の前は大変楽しく賑やかな雰囲気に満ちました。その騒ぎが気になった天照が、外を覗いたところを、手を引いて外に導いたことで、世界に太陽の光が戻ったとされます。

天鈿女の踊りは、神前で舞を奉じる神楽の始まりとされています。
神々と交信する巫女とされます。
猿田彦と結婚し、夫婦として日本の神社で祀られています。

■神社
椿岸神社(椿大社境内内社)、佐瑠女神社(猿田彦神社境内社)、芸能神社(車折神社境内社)、荒立神社

*-*-*

*サイン(蓮)について
女性性の開花・目覚め、クリエイティビティ

販売ページ Aeolia *エオリア*

error: Content is protected !!